医師や家族と相談しながら|放置することで病気は重症化します|下肢静脈瘤は病院で治療しよう
ナース

放置することで病気は重症化します|下肢静脈瘤は病院で治療しよう

医師や家族と相談しながら

病室

何気なく日常生活を送る中で、ガンになってしまうことがあります。ガンはガン細胞が他の臓器へ転移する、あるいは同じ場所で大きくなることがあります。ただガン細胞があるからといって、大きくならなければ共存は可能です。ですがガンは成長や病気の進行速度が早く、かつ増殖や転移もしやすいものなので、悪化したり増殖したりした場合には、亡くなってしまう可能性も出てきてしまいます。そのため、早めに医療機関に行き対処する必要性があります。いまは横浜クリニックのような専門機関もあるので、そこに通い治療を行なっていきましょう。横浜クリニックは駅の近くにあるので、仕事や育児で忙しい人でも通院しやすくなっています。

横浜クリニックでは、ガン細胞に打ち勝つため様々な治療内容を用意しています。中でも高活性化NK細胞療法というものは、体への負担も少ないとされているので、多くの人が治療を受けています。これはウィルスに感染したガン細胞などにくっつき、その細胞を倒すという役割を果たしてくれます。無料相談会も行なわれているので、そこで詳しく説明を受けて納得した上で進めていくことが出来るようになっています。1クールが3ヶ月ほどで、その3ヶ月の間に6回投与が行われることになります。患者ごとに期間や治療結果に差はありますが、副作用もほとんどなく、安心して受けられる治療となっているので、横浜クリニックの医師や、自分の家族と相談しながら治療を始めていきましょう。